タイムカードの利用方法

給料の計算を行う、勤務の状況を確認するような場合は毎日の勤怠を記録しなければできません。



方法として考えられるものとしてはタイムカードが手軽に記録をつけることができます。


タイムカードは紙製でタイムレコーダーに入れることでその時刻が印字されて記録が残すという仕組みなのです。

すぐに利用することが出来るので、急な採用時にもすぐに勤務を記録できるというメリットがあります。
一方で時刻を記録することが出来るのですが計算ができないのです。


出勤した時の時刻と退勤した時の時刻はわかるのですが、勤務した時間は計算しなければ求めることができません。

勤怠管理システムの情報ならこちらで掲載されています。

タイムカードに記録されている時間から休憩時間などの差し引くべき時間を含めて計算します。また残業時間も必要になるのでタイムカードに計算した結果を書き込んでいくなど処理が必要になってくるのです。
このような場合は手作業にならない方法を検討するのがよいので、タイムレコーダーの機能を使用して計算するのです。

共同通信社の優良サイトの情報を公開中です。

タイムレコーダーは誰かという認証を行ってその時間を記録するのですが、最近は指紋で認証を行うものやカードを利用するものなどがあります。

誰の時間かデータで記録するために勤務した時間数を計算することが出来るようになるのです。残業時間も自動的に計算することができ、1ヶ月の集計もできるようになるので、時間数を計算する手間を省くことができ、間違いを防ぐことが出来るようになり効率的な仕事が可能です。