紙のタイムカードの良さと問題点

紙のタイムカードとタイムレコーダーを使って勤怠の打刻と管理をし、給与計算もそれを元にして行う。

そんな仕組みはこれまで長い間日本企業の中で主流となっていました。

もちろん、今でも紙のタイムカードを使っている企業はかなり多くあります。
そんなタイムカードの良さと言えば、やはりまずは導入が簡単なことが挙げられます。



必要なのはタイムレコーダーと消耗品としてのカードのみ。


カードがなくなったら買い足す必要はありますが、導入に関しては限りなく安価で簡単です。

またもう一つ良いところとして従業員にとっても大きなことが、使用方法も簡単だということです。
作業としては出勤時、退勤時などに自分のカードをタイムレコーダーに差し込むだけ。

それ以外にすることはほとんどないので、誰でもすぐに覚えられます。
しかし、そんなタイムカードには問題点もあります。


労働時間管理と給与計算の手間がかなり掛かる、ということです。ブラック企業という言葉も生まれ過重労働に厳しい目が向けられる中、紙に打刻された情報だと一枚ずつ見ることでしかリアルタイムに労働時間をチェックすることができません。
また、給与計算時にもカードを見ながらの再入力が必要なのでかなり手間が掛かります。

勤怠管理システムを詳しく調べるなら便利なサイトです。

そんな問題点を解決するのがクラウド型の勤怠管理システムです。このタイプのシステムならば、打刻と同時にサーバーにデータが収集され、集計されますので、リアルタイムに勤怠状況を把握することができます。
また、給与計算に関しても時間が自動で集計されるのでかなりの労力が削減できるのです。

BIGLOBEニュースについて分かりやすくまとめてあります。