タイムカードでの勤怠管理について

会社には社員の勤怠を管理することが義務付けられています。それも正確に記録して3年間保管しておく必要もあるのです。
勤怠というのは社員が出勤しなければならない日に出社しているか、その日の勤務の時間数がわかるようにします。



会社にはタイムレコーダーがありますが、社員が出勤した日は打刻があれば確認ができます。

産経デジタル情報をお届けします。

時間数は計算する必要があります。

タイムカードで勤怠管理をする場合、出勤した日の打刻はタイムレコーダーに差し込むとできます。出勤した時間と退勤した時間が打刻されることになり、その日出勤していたことは確認することができます。

しかし時間数は計算をしなければならないのです。
タイムカードには紙のカードでできているものがありますが、これは手計算が必要になります。

勤務時間を計算してはじめて勤怠管理ができることになりますが、毎日手計算するのは現実的ではありません。

勤怠管理システムの情報が必要な方必見です。

そのため勤怠管理システムで計算ができるように仕組みを作るという方法があります。
タイムカードをICカードに変更するとタイムレコーダーから時刻のデータを勤怠管理システムに収集することができるようになります。

勤怠管理システムがあると出勤の時間、退勤の時間から自動的に勤務時間を計算できます。そして残業時間も計算することができ、紙のタイムカードとは違って勤怠管理システムから勤務の状況を確認することができます。
紙のタイムカードで記録するよりデータで管理できるほうがメリットはあります。